歌い手になる方法

歌ってみたを始めるのにかかる費用を大公開!機材ごとにまとめました

これから歌ってみたをやりたいと思っている方のなかには、始めるのにお金がいくらかかるか気になっている方が多いのではないでしょうか。

このページでは、歌ってみたを始めるために必要な機材とその費用を紹介しています。

また、人によって予算に違いがあると思いますので

  1. 費用 安め
  2. 費用 中くらい
  3. 費用 高め

の3タイプで紹介します。

費用の違いはコチラ
  1. 費用 安め
  2. とりあえず、歌ってみたが作れれば大丈夫という方はコチラ。

    音質も歌ってみたを作る上では十分で、ストレスを感じずに録音~投稿まで行うことができる価格タイプです。

  3. 費用 中くらい
  4. ある程度お金に余裕があり、クオリティを求めたい方はコチラ。

    高音質な物になってスペックも上がるので、本格的に始めたいという方にもおすすめの価格タイプです。

    ツイキャスの歌枠やステレオ配信など、比較的負荷の軽いパソコン配信にも対応できます。

  5. 費用 高め
  6. お金に十分な余裕があり、高い音源のクオリティとストレスがない操作性で、幅広くネットの活動をしていきたい方はコチラ。

    パソコンは高スペックな物になるので、歌ってみた以外にパソコン配信や簡単な動画編集にチャレンジしたいという方に適した価格タイプです。

歌ってみたに必要な機材&費用

パソコン

パソコンは歌ってみたには重要アイテムです。

  • 歌の録音
  • 音源と動画を合わせる
  • 動画サイトへのアップロード

など、色んな場面で必要になります。

費用はランクで分けると以下のとおりです。

費用 安め 約45,000円
(例:Celeron搭載モデル)
費用 中くらい 約55,000円
(例:Corei3搭載モデル)
費用 高め 約75,000円
(例:Corei5~i7搭載モデル)
あわせて読みたい
歌い手向けのおすすめパソコンはコレ!安心して買う選び方も解説歌い手になるためにパソコンは必須アイテムですが、種類が多くて選ぶのが大変だと思います。そんな方のために、このページでは歌い手向けのパソコンの選び方を紹介します。 おすすめも載せていますので、ぜひ参考にしてください。...

マイク

マイクは歌を録音する時に使用します。

本サイトではコンデンサーマイクをおすすめしており、グレードの高い物になるほどクリアで良い音を録音することができます

だからといって、費用の安い商品でも音質が悪いということはなく、誰が聞いても音質に違和感がないクオリティで録音をすることができます。

費用はランクで分けると以下のとおりです。

費用 安め 約10,000円
(例:Audio-technica AT2020など)
費用 中くらい 約22,000円
(例:RODE NT1-Aなど)
費用 高め 約32,000円
(例:Audio-technica AT4040など)
あわせて読みたい
歌ってみたにおすすめのマイク6選!選び方もわかりやすく解説します歌ってみたを始める人がまず買うのがマイクだと思いますが、電気屋さんで適当な物を買ってませんか? マイクによって録音される声は全然変わるので注意が必要です!選び方とおすすめを紹介しているので参考にしてください。...

オーディオインターフェイス

聞き馴染みのない方が多いかもしれませんが、パソコン録音の歌ってみたを始めるうえでは必須アイテムです。

簡単にオーディオインターフェイスを説明すると “マイクとパソコンをつなぐ装置” です。『IF』と略されることもあります。

オーディオインターフェイスを選ぶ時は、音質はもちろんですが、自分のしたい活動も見据(みす)えて選択しましょう。

※例えば、生配信を行いたい場合は『AG03』など

費用はランクで分けると以下のとおりです。

費用 安め 約9,000円
(例:Steinberg UR12など)
費用 中くらい 約16,000円
(例:YAMAHA AG03など)
費用 高め 約22,000円
(例:Roland Rubix24など)

ヘッドホン

クオリティの高い 歌ってみたを作るためには、ヘッドホンも必要になります。

自分の声がどのように録れているかをしっかり確認することで、歌い方やクセを把握することができ、結果的にクオリティの高い作品づくりにつながります

また、MIX作業で音のチェックや、MIXしてもらった音源を確認する際にも重要になってくるので必ず購入しておきましょう。

費用はランクで分けると以下のとおりです。

費用 安め 約10,000円
(例:SONY MDR-7506など)
費用 中くらい 約15,000円
(SONY MDR-CD900STなど)
費用 高め 約23,000円
(JVC HA-MX100-Zなど)

その他(ケーブル+マイクスタンド+ポップガード)

機材の中では脇役でありながらも、収録には欠かせないアイテムとなります。

上で紹介した機材とは違って、価格であまりクオリティに差が出ない商品でもあります。

費用は以下のとおりです。

費用 安め ケーブル+マイクスタンド+ポップガード
約4,000円
費用 中くらい
費用 高め

まとめ

ランクごとの費用をまとめると以下のとおりです。

費用 安め パソコン 45,000円
マイク 10,000円
オーディオインターフェース 9,000円
ヘッドホン 10,000円
その他 4,000円
合計 78,000円
費用 中くらい パソコン 55,000円
マイク 22,000円
オーディオインターフェース 16,000円
ヘッドホン 15,000円
その他 4,000円
合計 112,000円
費用 高め パソコン 75,000円
マイク 32,000円
オーディオインターフェース 22,000円
ヘッドホン 23,000円
その他 4,000円
合計 156,000円

あくまでも目安になりますが、これを参考に自分の用途や求める作品のクオリティに適した機材を選んでみてください。

ABOUT ME
橋下 ゆうき
橋下 ゆうき
"みすたーなんでも屋" こと橋下ゆうきです!歌ってみたミックスから、モーショングラフィックスまで、幅広くネットの創作に携わっています。また、『まるみらいおん』の名前で動画投稿の活動も行っています。「ネットで活動を始めたい!」と考えている方の力になれるような記事を書いていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)