歌ってみたMIX

歌ってみたでMIXするならパソコン選びが大切!おすすめPCも紹介

歌ってみたのMIX(ミックス)を始めるにはパソコンが必要です。

しかし、パソコンは種類が多くて、どれが歌ってみたに合っているのかわかりづらいと思います。

そんな方のために、このページでは歌ってみたのMIXに最適なパソコンの買い方・選び方を解説していきます。

おすすめのパソコンを見る

歌ってみたのMIX用に使うパソコンはデスクトップとノートどっちがいいか

パソコンには『デスクトップ型』と『ノート型』の2種類があるのは、ご存知の方も多いと思います。

では、歌ってみたのMIXにはどっちを使ったらいいのか。

結論から言うと、パソコン初心者はノート型、パソコンが得意な人はデスクトップ型がおすすめです。

初心者はノート型から始めるのがおすすめ

ノートパソコンは画面はもちろん、キーボードやトラックパッドがついているので、周辺機器を別で買う必要がありません

パソコン初心者の方にとっては、デスクトップよりこちらのほうがお手軽だと思います。

また、デスクトップと違って小型ですし、軽量なので持ち運びもできます。

「実家なのでパソコンを置く場所がない…」という方も心配なく使えるのも大きな魅力です。

歌ってみたのMIX程度であれば、DAWを動かすスペック面でデスクトップ型に劣ることもほとんど無いです。

パソコンに慣れてきたらデスクトップ型へ

パソコンに慣れてきた方や、元々パソコンが得意という方にとっては、ノート型のモニターやキーボードが味気ないと感じるかもしれません。

デスクトップ型のメリットは、自分の思うように作業環境をカスタマイズすることができるという点です。

例えば、MIXする際は大画面のマルチディスプレイが大活躍します。

中央画面にトラックビュー、左画面にコンソールビュー、右画面にプラグインやライブラリを配置すると、各ウィンドウを広く使えることから、より快適に作業をすることができます。

※私は画面2つ(デュアルディスプレイ)でMIX作業をしています

また、拡張や修理もデスクトップ型のほうがバツグンにしやすいです。

ノート型かデスクトップ型かによって、歌ってみたの作品のクオリティに差ができることはまずありませんので、難しく考えないようにしましょう。

歌ってみたのMIX用に使うパソコンはWindows(ウインドウズ)Mac(マック)どっちがいいか

パソコンの形を決めたら次は中身です。有名なOSとしては、WindowsとMacがありますね。

こちらについても、WindowsとMacのどちらを選択しても音楽制作はできますので、自分に合うものを選びましょう

歌ってみたの録音やMIXにおいても、どちらかが致命的に作業がしにくいというのもありません。

WindowsとMac、それぞれの特徴を紹介しますので、選ぶ際の参考にしてみてください。

Windowsは価格が安く、拡張性が高い

WindowsとMacの大きな違いは価格です。

最近ではMacからも安価なモデルが発売されていますが、同じくらいの性能で価格を比べるとWindowsの方が安いです。

また、周辺機器もたくさん売られているので拡張性も高く、個人でも修理がしやすいので、自分好みにパソコンをカスタマイズしたい場合は、Windowsを選択するとよいでしょう。

また、PCゲーム関連はWindowsが圧倒的にMacより有利なので、ゲーム実況や配信などマルチな活動を視野に入れている場合はWindowsがおすすめです。

Macは音楽業界の標準で、安定性が高い

音楽・映像などの制作業界においては、Macが大きなシェアを締めています。

MacはWindowsに比べてシステムが非常に安定しているので、これが業界に広く普及している理由とも言えます。

Windowsの場合はパーツの種類によってソフトが起動しないなど、ハードウェアとソフトウェアの相性も考慮する必要がありますが、Macの場合はそういった心配はありません。

また、Windows環境をMacの中に構築することが可能なので、最悪Windowsとしても使えます

歌ってみたのMIX用に使うパソコンを選ぶポイント

パソコンの形とOSが決まれば、あと少しです。

歌ってみたのMIXをメインに行うのであれば、それに適したスペックのパソコンをチョイスする必要があります。

高スペックパソコンを選べば録音やMIXに問題はありませんが、ここではできるだけ安く録音やMIXを行うためには、どんな基準でパソコンを選べばいいかについて説明します。

DAW公式の動作環境(スペック)で決める

どのDAWを選んだとしても、必ず公式サイトや説明書に動作環境に関する記述があります。

(例)CUBASE Pro9.5

参考CUBASE Pro9.5公式サイト

(例)ProTools12

参考ProTools12公式サイト

このように、自分の使用したいDAWソフトの動作環境や最低スペックを確認して、それに当てはまるパソコンを選びましょう

価格で決める

購入するDAWソフトが決まっていない場合は、値段を目安にパソコンを選ぶのもいいと思います。

歌ってみたのMIXを長年やっている私の感覚では、新品で6万円以上のパソコンであれば歌ってみたのMIXには十分だと言えます。

私はメインのパソコンとは別に、録音用のパソコンとして35,000円のビジネス用PCでDAWを動かしていますが、少数のトラックやプラグインでの作業なら全く問題はありません。

ただ、安すぎると昔の機械である可能性があります。少し難しく言うと、”CPUの世代が古い” という意味です。

歌ってみたのMIXをするのであればCPUが『Core i3・i5・i7』以上を搭載したパソコンがおすすめです。

歌ってみたのMIX用に使うパソコンを買うならお店に注意!

近くの電気屋さんで買わない方がいい

「パソコンの選び方もわかったし、すぐに買いに行こう!」という方は少し待ってください。

確かにパソコンを買う場所として、まっさきに思いつくのは家電量販店だと思います。

しかし、家電量販店で歌ってみた用のパソコンを購入するのは賢い選択肢とは言えません

<家電量販店を勧めない理由>

  • 値段が高い
  • 家電量販店で販売されているパソコンは値段が高いです。

    ネットであれば、同じ値段でより高いスペックのパソコンを手に入れることができます。

  • 無駄なソフトが多い
  • 基本的に家電量販店のパソコンは、快適なパソコン&インターネットライフを送るための機能に特化しています。

    ですから、歌ってみたには必要ない年賀状作成ソフトやメーカーの開発したソフトが多く搭載されています。

    使わないソフトがインストールされているとパソコンを重くしてしまう原因になります。

  • ユーザーサポートはネット通販で十分
  • 家電量販店を使うメリットとして、メーカーとは別に店舗の保証があるという点が挙げられます。

    ですが、『水をこぼす』『本体を落下させる』などの、ユーザー側の過失を保証してくれるケースはほとんどないので、ユーザーサポートの点においても、家電量販店が良いとは言えません。

    ネット通販でも、動作保証や自然故障に対する保証は充実していますし、期間内のユーザー過失による故障を、一定の料金で修理するサービスもあります。

  • 国内製、海外製は今の時代全く関係ない
  • これからパソコンを購入しようという中高生の方は特に、両親にどんなパソコンを買うべきか相談するのではないでしょうか。

    すると「日本製なら安心、手にとって選べるものが安心」と言われる場合があると思います。

    しかしこれは大きな間違いで、日本純正のパソコンなんて存在しません。パソコンの部品の多くは海外のメーカーが開発・生産を行っているんです。

    CPUのインテルはアメリカの企業で、生産の拠点はベトナムです。ハードディスクも中国やタイでの生産がほとんどです。

    ですから、「日本企業のロゴが付いたパソコンなら安心」という考えは正しくないです。

保証のない店(中古パソコン)は絶対にダメ

今では大人気となったフリマアプリ。使ったことがある人がほとんどではないでしょうか。

こうしたフリマアプリではパソコンの知識がない人を騙す悪い人がたくさんいて、保証を始めとするサービスが殆どありません

ネットで買うなら大丈夫ではなく、保証がしっかりした信頼できるネット店舗を選びましょう

歌ってみたのMIX用パソコンを買うのにおすすめの店舗

上にも書いたとおり、家電量販店はおすすめできません。

なので、歌ってみた用にパソコンを買うならネットのパソコン専門店を利用しましょう

しっかりしたサポートがあって、価格も安くておすすめのネット店舗を紹介します。

ドスパラ

とにかく豊富な品ぞろえから、自分に最適なパソコンが見つけやすいです。

目的別検索も非常に便利なので、DAWの動作環境と照らし合わせながら、初心者でも簡単に最適なパソコンを選ぶことができます

実店舗もあるので、迷ったら足を運んでみて、試しに触ってみるのもおすすめです。

店員さんに「こんなことがしたいんですけど…」と聞くと、優しくおすすめの機種を教えてもらえますよ!

ドスパラの公式サイトはコチラ

マウスコンピュータ

乃木坂46のCMでお馴染みのマウスコンピュータもおすすめです。

選択肢はドスパラほど多くないですが、一通りのスペックのパソコンが揃っているのでそこは問題ありません。

何よりも注目したいのはサポート体制です。24時間電話サポートを受け付けているのでトラブルでも安心ですし、故障した際の修理の速さも業界随一です。

マウスコンピューターの
公式サイトはコチラ

歌ってみたのMIX用おすすめパソコンはコレ!

最後に、上で紹介した店舗の中でもおすすめのパソコンを紹介します。

ここに紹介したパソコンであればMIXにはまったく問題ありませんので、ぜひ参考にしてみてください。

Critea DX-KS H3

Critea DX-KS H3 クリテア DX-KS H3
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i3-7100U (デュアルコア/HT対応/定格2.40GHz/L3キャッシュ3MB)
価格 59,980円(税抜)

Magnate IE

Magnate IE マグネイト IE
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i3-7100 (3.90GHz/2コア/3MBキャッシュ)
価格 56,980円(税抜)

raytrek-DTM BM

raytrek-DTM BM レイトレック-DTM BM

DAWのためのパソコンです。

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i5-6500 (3.20GHz-3.60GHz/4コア/6MBキャッシュ)
価格 72,980円(税抜)

m-Book B505S

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i5-7200U (デュアルコア/HT対応/定格2.50GHz/最大3.10GHz/キャッシュ3MB)
価格 74,800円(税抜)

LUV MACHINES iH440XN

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-7700(4コア/3.60GHz)
価格 89,800円(税抜)

LUV MACHINES iH440BN

OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i3-7100 (3.90GHz/2コア/3MBキャッシュ)
価格 54,800円(税抜)

歌ってみたのMIX用パソコンQ&A

パソコンは中古でも大丈夫?

もちろん、中古でも大丈夫です。

しかし、保証有無やお店が信頼できるかは必ず確認しましょう。

中古の場合、『パソコンがどれだけの時間使用されていたか』や『丁寧に扱われていたのか』がわかりません。

新品と比較すると、どうしてもパーツは消耗していますから故障はしやすいと言えます。

また、現行モデルでないパーツを使用したパソコンも多く販売されているので、選択の難易度は新品の購入より高めです。

おすすめの中古パソコンショップ

どこも保証は充実しているので、「パソコンの知識があり、できるだけ安く手に入れたい」という方は利用してみてください。

まとめ

お疲れ様でした。少し難しい話だったと思いますが、しっかり読んで “理解しよう” と頑張った方は、これからMIXを勉強していく時にも活きてくると思います。

自分がしたい作業から「それをするためには何が必要?」というように逆算して考えていくのが上達のコツです。

パソコンを手に入れてからが本番です。使い倒して歌ってみたを楽しんでください!

ABOUT ME
橋下 ゆうき
橋下 ゆうき
"みすたーなんでも屋" こと橋下ゆうきです!歌ってみたミックスから、モーショングラフィックスまで、幅広くネットの創作に携わっています。また、『まるみらいおん』の名前で動画投稿の活動も行っています。「ネットで活動を始めたい!」と考えている方の力になれるような記事を書いていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)