【レビュー記事】声劇アプリ『ボイコネ』が登場!特徴や使い方を紹介

POLARIS(ポラリス)のりつゆ(ritsuyu7)です!

2020年5月28日に『ボイコネ』というアプリがリリースされました。

そして、このアプリはなんと声劇がメインになっているんです!

声劇って?

声劇とは、声優さんのように声だけで演じる劇のことです。

声劇の中では、
演じる人…演者、キャスト
演技を聞くだけの人…聞き専
演じる台本を書く人…台本師
と言われたりします。

りつゆ
声劇を「こえげき」と読むか、「せいげき」と読むか悩むよね!

「声劇をプッシュしているPOLARISが紹介しないワケにはいかない!」
ということで、さっそく『ボイコネ』をレビューしてみました。

ツイッターで見て気になっている人はぜひ最後まで見てみてください。

『ボイコネ』ってどんなアプリ?

引用元:ボイコネ公式サイト

ボイコネは声劇に特化したアプリ

『ボイコネ』は声劇をまるっと楽しめるアプリです。
なんと、このアプリだけで

  • 演じた音声を投稿
  • リアルタイムで声劇を配信
  • 自分で考えた台本を投稿
  • いろんな人の声を聞ける

と、声劇を楽しめるポイントがギュっと詰まっています!

『ボイコネ』の機能

声劇ライブ

アプリ内では、リアルタイムで声劇を配信することができます。

ボイコネの配信機能の便利なのが、

  • アバターが使える
  • アプリ内で台本が探せる
  • 台本にBGMがついている

というところです。

ツイキャスなどで配信した経験がある人はわかると思いますが、これはめっちゃ便利ですよね!

配信用の画像を作るのも大変だし、BGMも著作権フリーのものを探すのは一苦労です。

でもボイコネなら、1つのアプリだけで面倒なことをしないで配信ができるわけですね。

お題の投稿&回答

アプリ内では、ユーザーが自由にセリフのお題を投稿できます。
そして、そのセリフに対して声で回答(演技)することができます。

ライブ配信も楽しいですが、
親がいつ帰ってくるかわからない…
通信制限が心配…
ライブ配信はまだ緊張する…
といった人には、好きな時に録音して投稿できるお題の回答がおすすめです。

『ボイコネ』のおすすめポイント

声劇が楽しめるアプリはいろいろありますが、特にボイコネをおすすめできるポイントを紹介したいと思います。

アプリが使いやすい!

ボイコネを触ってみて初めに感じるのが、アプリの使いやすさです。

特に調べることなく、ほとんどの機能が直感で操作できるようになっているのは素晴らしい!

カテゴリーが細かく分かれていますので、台本を見つけたりするのも簡単です。

さらに使用中にもナビゲーションが表示されるので、ボイコネの機能が迷わずに使えるようになっています。

※画像はクリックしたら大きくなります

ボイコネをキッカケに声劇を始める人にはありがたいですね。

作ってるのが日本の大手アプリ会社!

引用元:エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社ホームページ

ボイコネを作っているのは、日本の『エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社』という企業さんです。

エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社さんはボイコネ以外にもたくさんのアプリを制作されていますし、なんとそのうちの1つである、『コミックシーモア』は月間利用者数1,500万人超!

りつゆ
『コミックシーモア』とか絶対聞いたことあるでしょ!

海外向けのアプリもたくさん作られていますし、まさにアプリ業界の最大手なわけです。

まだ『フリートーク』という機能もリリースされていませんので、アプリがどんどん進化していく可能性もありますね。

さらにコミックシーモアのイベントでは、声優さんを招いたりもしていますので、ボイコネでもそういったイベントが開催されるかも…?

『ボイコネ』でちょっと気になるポイント

そんな声劇におすすめのボイコネですが、使っていて気になる点や評価が悪い口コミもありました。

もちろん、まだリリースされたばかりなので「絶対使わない方がいい!」というわけではありません。

逆に、話題になっていた『Twitter連携認証』の問題については、さっそく対応してくれているようです。

というわけで、よりよいアプリになればという想いも込めて、ボイコネについて突っ込んでいきたいと思います!

配信中の自分の声を聞くことができない

配信者の中には「配信中の自分の声を聞きたい!」という方も多いのではないでしょうか?

雑談ならそこまで気にならないかもしれませんが、声劇をする時には重要かもしれません。

しかし、ボイコネには自分の声を聞けるモニター機能はありません。

インターフェイスを使うことでモニター機能を利用できますが、手軽さが失われてしまうのは残念なところ…

音量設定が細かくできない

演者の声やBGMなどの細かい音量設定ができません。
(これは技術的にも難しいことだと思いますが…)

たとえば、声劇ライブをリアルタイムで聞いてる時のBGMは小さく感じるのに、アーカイブになるとBGMが大きくなっているように感じます。

このあたりが細かく設定できたりすると、さらにクオリティの高い声劇ライブができるようになると思います。

『ボイコネ』で気になったところを調べてみた

パソコンからでも使える?

パソコンからも使えますが、全部が使えるわけじゃない

だいたい使えますが、以下の機能以外を利用するにはスマホを使うしかないようです。

■Web版でご利用いただける機能
ライブ配信/お題投稿/回答ボイス投稿/シナリオ投稿

引用元:ボイコネFAQ

ボイコネ感想・まとめ

使ってみた感想としては、「めちゃよく出来てるな!」と思いました。

使いやすさやデザインもオシャレですから、使っていて気持ちいいのは間違いないです。

もしかしたら、前からツイキャスなどで声劇配信をしていた方にとっては物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、気軽に声劇に触れるには最適なアプリだと私は思います。

ツイッター上では、ボイコネに対して他にもいろんな意見が挙がっています。

声劇にはついて回る盗作問題や、台本師へのボイポについて等々…

ですが、大事なのは自分がどう使うかですし、ボイコネの登場で声劇について考えるキッカケになるならそれはいいことなんじゃないかなと個人的には思います。

というわけで、また新しい情報が出たら記事にしていきますので、ぜひこれからもチェックしてみてください。

ボイコネをインストールしていない人も下のリンクからどうぞ!

ボイコネ - 声劇ライブ配信アプリ

ボイコネ - 声劇ライブ配信アプリ

NTT Solmare無料posted withアプリーチ

また、POLARISでは声劇についていろんなことを発信していますので、他の記事もぜひ読んでみてくださいね!

【声劇好きなら知っておきたい】やり方とコラボマナーについて

皆さんは『声劇』というものを知っていますか? 声劇とは、声優さんのように声だけで演じる劇のことです。 以前は メッセンジャーのボイスチャット機能 ツイキャスなどのライブ配信 を利用して行うセリフの掛け ...

【台本師・演者必見】声劇台本の『テスト読み』について解説!

テスト読みとは、台本を書き上げた後、実際に台本を読んでもらうことです。 知っていた方も多いかもしれませんが、 テスト読みを依頼したことがない 依頼されてもやり方がわからない という方もいると思います。 ...

声劇グループもあります!

  • この記事を書いた人
りつゆ

りつゆ

低音ボイスな歌ってみたをお届け! POLARIS FACTORYではライブやイベントへの体当たり取材を行い、情報発信をしています。 ツイッターもチェックしてみてください ι(`・-・´)/

© 2020 POLARIS FACTORY Official web site